新郎新婦との関係とご祝儀の価格相場についてのまとめサイト

そもそもご祝儀とは何か

身近な人が結婚することになりご祝儀を包もうとした際、考えるのはいくら包めば良いのかということです。 もちろん時と場合によりますが、基本的な金額の相場というものはあるようです。 その時になって焦ることのないよう、ご祝儀の相場について知っておきましょう。

知っておきたい、ご祝儀に関するマナー

ご祝儀は、新郎新婦に対して結婚のお祝いをする気持ちを表したものです。 昔からあるものですので、沢山のしきたりやマナー、タブーがあります。 もしマナーを守っていないご祝儀を渡すとせっかくのお祝いが台無しになってしまいますので、必ずマナーをチェックしておきましょう。

通常とは違った場合のご祝儀はいくら包めば良い?

基本的にはご祝儀というのは、新郎新婦と自分の関係性や自分の年齢で大体の目安が決まっています。 ですが、通常とは違った状況の場合にはまた違った相場があります。 今は関係なくてもその時になって悩んでしまうことのないように、チェックしておきましょう。

基本的なご祝儀の相場とは

まずご祝儀の相場について考える前にそもそもご祝儀とは何なのかについて知っておきましょう。
ご祝儀とは結婚する新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えるためのものです。
本来は誕生や結婚、入学や就職など人生の節目となる出来事のことを示す言葉でしたが、現在ではそういった出来事の際にお祝いとして送るお金やプレゼントのことを指しています。
現代ではほとんどの場合に現金で渡すものとなっていて、結婚式や披露宴に参加する際には受付で渡すようになっています。
ですが結婚することへのお祝いの気持ちを示すものですので、実際に結婚式や披露宴に参加しない場合に渡すものもご祝儀なのではないかと思われるかもしれません。
しかし厳密に言うとどれはご祝儀ではなく結婚祝いです。
ご祝儀は現金で結婚祝いは品物というイメージがなんとなくありますが、そんなことはなくご祝儀がプレゼントで結婚祝いが現金であったとしても何の問題もありません。
ではご祝儀と結婚祝いの違いは何なのかというと、結婚式や披露宴に参加する際に渡すか、別の機会に渡すかということです。
結婚式や披露宴に参加する場合には、食事代や引き出物代などの様々な費用がかかっていますのでその分を含めた金額をお祝いとして渡します。
しかし、それらに参加しない場合には純粋にお祝いの気持ちを示す金額のみを渡します。
つまりご祝儀は参加するにあたって自分にかかっている費用と、お祝いとなる現金を合わせて渡すものなのです。

TOPへ戻る