新郎新婦との関係とご祝儀の価格相場についてのまとめサイト

新郎新婦との関係性から考えるご祝儀の相場

>

そもそもご祝儀とは何か

家族や親族の場合

ご祝儀として包む金額の基準となるのは、年齢と新郎新婦との関係性です。
こちらではまず家族や親族が結婚する場合について考えていきます。
まず兄弟や姉妹が結婚する場合には3万円から10万円程度とされています。
価格にかなりの幅があるのは、年齢によって大きく変わるからです。
自分が弟や妹で社会人になったばかりなどの場合には3万円で構いませんが、殆どの場合には5万円、自分が兄や姉である程度年齢を重ねている場合には10万円が良いとされます。
次にいとこや姪、甥など親族が結婚する場合には自分の年齢によって金額を決めると良いでしょう。
自分が20代から30代であれば3万円から5万円、40代以降であれば5万円から10万円を目安にすると良いです。

友人や会社関係の場合

では友人が結婚する場合にはどうでしょうか?
基本的には年齢に関わらず3万円が相場となっています。
ただし、社会人になったばかりなど未だ収入の少ない時であれば2万円でも良しとされています。
会社の上司や同僚、部下が結婚する場合には自分との関係性によって包む金額を変えます。
自分が上司5万円、同僚なら3万円、新郎新婦の部下なら2万円から3万円が目安となります。
ただ会社関係の場合には後々トラブルにならないように一緒に参加する人と事前に金額について相談しておくほうが良いです。
同じような立場の人とは同じ金額にしておくほうが良いですし、目上の人より高い金額を包んでしまったり、部下より少ない金額を包んでしまうと後で困ってしまうことになり兼ねません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る