新郎新婦との関係とご祝儀の価格相場についてのまとめサイト

新郎新婦との関係性から考えるご祝儀の相場

>

知っておきたい、ご祝儀に関するマナー

包むお金の枚数に注意!

まず大切なこととしてご祝儀は奇数になるように包む必要があります。
結婚に関することには割れる、別れるという意味を連想させる偶数はタブーとされています。
2万円や6万円などを1万円札だけで用意すると、偶数の枚数になってしまいます。
金額自体を変えて奇数になるようにすることが出来ればそれにこしたことはありませんが、出来ない場合にはお札の種類を変えて奇数になるようにします。
例えば2万円を包む場合には1万円札1枚と5000円札2枚にして合計2万円にして、枚数としては3枚と奇数になるようにします。
また、4や9は数字そのものが死や苦しみを連想させる演技の悪いものとされていますので避けるようにしましょう。
気にしない人が多くなっているのも事実ではありますが、ご両親や親戚の中には気にする方はもちろんいます。
新郎新婦が悪い印象を持たれてしまうこともありますので、注意しましょう。

その他にも気をつけるべきことが沢山ある

ご祝儀に関して気をつけるべきことは、その他にも沢山あります。
まずは、包む現金はシワや折り目のない新札にするということです。
常に新札を持っている方は少ないかと思いますが、行の窓口で新札に交換してもらうことが出来ます。
ただ土日祝日は銀行がお休みですので、結婚式や披露宴の当日に交換しようと思うと出来ないことがあります。
当日焦ってしまわないように、事前に準備しておきましょう。
また、お札の入れ方にも注意が必要です。
お札は包んだ金額を旧字で記入した中袋の中に、お札の表が封筒の表に来るようにして入れます。
封筒の裏面には自分の住所と氏名を記載します。
そしてご祝儀袋は結び切りのものを選び、飾りのグレードと金額の合ったものを選びます。
ご祝儀袋にはいくら程度の時用のものかが記載されているので、それを目安に選びます。
基本的なマナーをしっかりと守って、きちんとお祝いの気持ちが伝わるようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る