新郎新婦との関係とご祝儀の価格相場についてのまとめサイト

新郎新婦との関係性から考えるご祝儀の相場

>

通常とは違った場合のご祝儀はいくら包めば良い?

結婚式や披露宴に参加しない場合

せっかく招待をしてもらっても、仕事や体調、家庭の都合などで結婚式や披露宴に参加できないということは往々にしてあります。
そういった際でもお祝いの気持ちを伝えるためにご祝儀を渡すことになります。
この場合には食事代や引き出物代などの費用を通常の金額の相場から引いて、1万円程度を目安にすると良いです。
さらに気持ちを伝えたいというのであれば、現金でなくちょっとしたプレゼントを贈るのがおすすめです。
また、会場に行かない分祝電を送るとより気持ちが伝わって喜んでもらうことが出来るでしょう。
しかし自分が先に結婚をしていて、既にご祝儀をいただいているのであれば披露宴の費用を差し引くなどとは考えずにいただいた金額と同額を包むことをおすすめします。

その他の場合

もし夫婦で招待をされて、揃って参列する場合にはご祝儀は連名で包むことになります。
金額としては奇数となる5万円か7万円が目安となります。
もし良いプレゼントがあれば、5万円をご祝儀として包んで別途プレゼントをするのも良いでしょう。
また近年多いのが会費制の結婚式や披露宴です。
会費制の結婚式や披露宴では料理や引き出物にかかる費用を参加費として参列者に負担してもらい、その分ご祝儀はいただかないというものです。
費用が明瞭ですし、気も遣わせないということで若いご夫婦などにとても人気があります。
こういった形の場合には基本的にはご祝儀は必要ありません。
会費として指定された金額をご祝儀袋には入れずに受け付けで直接渡します。
それでも何かお祝いをしたいという方は、現金でお渡しするのではなくなにかプレゼントという形で贈るのが良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る